会話の中に生きる意味を知る、、、

PR

私は何について熱く語ることができるのだろう?自問自答してみる。車のこと?仕事について?趣味について?この世の行く末について、、、(なんと大げさな)。ブログで色々と記事を書いているが、心底、熱く語っているものは無い。あっても他者からの受け売りでしかない。己の魂から発したものは無い…ことに気づく…。コレからは自分らしく発信したい。思いついたことを書きたい、自然体で表現したい。

さて、、、何から書こうか、、、思考を文章化するのは料理やDIYにも似ている。素材をどのように加工していくか、、、それでは始めてみよう。

熱く語る人たちを頭に思い浮かべ、、、(そのために生まれてきたのだろうなぁ)と、ふと思う。

例えば…社会に対し不平不満を熱く語る人。他者の欠点を熱く語る人。健康やダイエットに熱い人、趣味やビジネスについて熱く語る人。などなど、、、

その人たちの語る熱量で生きる意味がみえてくる。社会に不満があれば、社会の悪事を正す政治家になるべき人かもしれない。あるいは単に他を非難し満足感を得たくて、現世界に生まれたかもしれない。

他者の文句しか言わない人は、自分をさておき他者に重きを置くことを望んだ人…趣味・仕事に没頭するのは前者と変わりない。本質的な自分を見たくないのだ。

この現世界では自分のことを熱く語る人は少ない。本音で語れないこの世界。しかしネットの世界では違う。一部の若者は自分が考えていること、将来の展望をSNS、動画サイトで堂々と発信している。

SNSや動画サイトで自分のこと(自慢話、過去の栄光、社会への不満など)を話すと誹謗中傷を浴びる(ブロックすることもできる)こともある。自分のことを熱く語る人が嫌いな人もいる。だから熱く自分のことを話す人が少ないのだろう。

話はワタシに戻ろう。私が頭で考えていることはシンプルだ。「楽しく生きたい」だけだ。常に笑顔で他者と接したい。しかし私の現実は、、、他者の苦しみが自分の苦しみとなり、表情を曇らせる。これネガティブな面ですね。

ポジティブな面は、、、他者の喜びが自分の喜びとなり笑顔になる。自分が喜び、また他者も喜び笑顔になる。はい!これ理想です。

ポジティブとネガティブは表裏一体でセットであると理解している。人は誰しもプラス思考とマイナス思考は交互に現れる。ずっとプラスではいられないのだ。時にはマイナス気分もないとだな。

自分の心の中で、自分の感情を表に出さず、頭の中でリフレインする。特に怒り、悲しみ、妬みなどのネガティブな感情は表に出しにくい。他者から悪く思われたくないからだろう。

私は(自己主張です)結構、喜怒哀楽を表に出して生きてきた…しかし、その場の感情にまかせ発言した後、行動した後に後悔・反省も多かった。歳取ると益々、自己表現が減ってきた(これが一般的なのかも)。

自分のことを語ることが少なくなったなぁ、、、。

皆さん、最後までお読みくださり誠にありがとうございました。私の言いたい放題できる、ブログは私の心の支えになっております。今まで、趣味や仕事について書いておりましたが、自分の心の中を覗き込んで感じたことを書くことも楽しいな…つたない文章ですが、本当に読んでくださり感謝しかありません。ありがとうございました。

私は気づく「他者がいないと成り立たない人生なのだ」と、、、読者がいないブログは長くは続かない。

※本記事は、全てスマホで書いて公開しました。気軽にブログが書けるなんて幸せな気分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

1963年生まれ 一級建築施工管理技士、介護福祉士・・・青年期は、電子工学を学びコンピュータの魅力にハマる。 成人期は、建築関連の仕事に就き、2004年に自身で設計・確認申請・施工しマイホームを建てる。中年期は、介護・福祉の現場を経て関連のセミナー講師、ブロガーとして活動。