ブロック塀の木製フェンス工事を工賃請け「DIY・自作」的な施工【後編】

PR
PR

前回の続き・・・

クレオソート油(防腐剤)を塗装する前に木材(柱)をカットする。

木材をカットしたらクレオソートを塗る。小口は毛細管現象で水分を吸うので防腐剤は念入りに塗る。クレオソートのデメリットは「匂いがキツイ」周りの人びとに迷惑をかけてしまう。お隣が弁当屋なので作業は閉店後に行う。

防腐剤が乾くまで2,3時間かかるので2日目の作業はこれで終了。

3日目…

前日にブロックの空洞に埋め込んだマルチアングルにT19×W90×L880の半柱を取り付け。既存のD16鉄筋はT38×W89×L880をUボルトで固定した。今回は桧材厚さ10㎜で施工するので中間に柱を設けた。

柱の準備ができたら桧板を横に貼り付ける。

横板を固定する木工ビスはワッシャービス(*ラスパートメッキ)を使用。金物類(ボルト、ナット、ビス類)は個人的にステンレス製よりも亜鉛メッキ(ドブ)を好んで使っている。好きな理由は、①ステンレスと比較すると単価が安い②接合性が強い…ステンレスビスは閉めすぎると締めが緩くなる(ねじバカになる)③錆びにくい 

ラスパートメッキとは…

第1層に金属亜鉛層、第2層に特殊化成皮膜層、第3層にポリエステル系材料を使った表面焼成層からなる高耐食性表面処理技術のことです。

株式会社日本ラスパートのHPより

当初の計画がワンスパン(2m)でしたが、追加でワンスパン延長することになった。完成するのに4日間(1日約4時間の作業)かかりました。完成したのがこちら

気になるのが、工事費用はハウマッチ?資材費で約2万円。その内訳は・・・

木材(桧板、桧・杉柱)・・・・・・・・・・¥6,974

支柱(鉄筋、マルチアングル)・・・・・・・¥3,476

接合金物(ボルト・ビス類)・・・・・・・・¥3,159

塗装(防腐剤、養生、刷毛など)・・・・・・¥4,259

モルタル(砂、セメント、バケツなど)・・・¥1,854

合   計・・・・・・・・・・・・・・・・・¥19,722

今回は工賃2万円で請けました。木製フェンス(長さ4m×高さ90㎝)の単価は¥10,000/mとなります。

専門業者に依頼するとおそらく7,8万円の工事になると思います。DIYで施工するなら資材費約2万円(ドリル類、鋸の工具は含みません)で収まるのでおススメ。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

1963年生まれ 一級建築施工管理技士、介護福祉士・・・青年期は、電子工学を学びコンピュータの魅力にハマる。 成人期は、建築関連の仕事に就き、2004年に自身で設計・確認申請・施工しマイホームを建てる。中年期は、介護・福祉の現場を経て関連のセミナー講師、ブロガーとして活動。