電話番号をプライベート用とビジネス用を使い分けたい

apple applications apps cell phone
PR
PR

介護タクシー開業するにあたり、車両の看板に個人の電話番号を載せていいのか迷ってしまいます。ネガティブな発想で(ひやかし、いたずら、いやがらせ)が頭をよぎる。登録されていない番号からの電話であれば、仕事の依頼なのか私用なのか知らないので、「〇〇です」と個人名で応えなければならない。しっかりと「はい〇〇タクシーでございます!」と受け答えしたいものです。しかし、携帯を2台持ち歩くのも面倒でイヤ。

そこで私が選んだものは、IP電話(050電話)です。ネット環境がなければ繋がらないのですが、外出中は4G回線があれば、問題はないと思います。介護タクシーの開業まで時間があるので、IP電話を導入しビジネスにも使っても問題はないのかを検証していきたいと思います。

SMARTalk(スマトーク)という無料のIP電話を使ってみます。

SMARTalk公式サイトへ 楽天モバイルが運営しておりますので、安心してダウンロードしていただけると思います。※ごめんなさい。登録方法は、割愛させていただきます。詳しくは公式サイトをご覧ください。

私も早速登録してみました。

公式サイトから申し込みから手続き(電話番号、クレジットカードの登録が必要)を済ませ、IP電話番号を取得することができました。

着信音の変更する方法を説明していきます。

登録後、アプリからログインし、通話ができるまで「1時間程度かかります」とアナウンスがあったが10分程度で通話できました。またWi-Fiをオフにしても4G回線から繋がるのでビジネス用として問題ないと思います。また、アプリを開かなくても着信音は普通に鳴るので便利だと思います(ラインの音声通話と同じ)。実際に仕事で使用していないので、「これはオススメ!」と断言できませんが、車の看板にはIP電話の番号を掲示したいと思っております。また、気づいた点などがあれば追記で付け加え報告します。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

1963年生まれ 一級建築施工管理技士、介護福祉士・・・青年期は、電子工学を学びコンピュータの魅力にハマる。 成人期は、建築関連の仕事に就き、2004年に自身で設計・確認申請・施工しマイホームを建てる。中年期は、介護・福祉の現場を経て関連のセミナー講師、ブロガーとして活動。